FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←なかなか更新できずすみませんっ! >< 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ・告知
もくじ  3kaku_s_L.png 花の最期
もくじ  3kaku_s_L.png 女神の争奪
もくじ  3kaku_s_L.png 魔王の棲む森
もくじ  3kaku_s_L.png カードの誘い
もくじ  3kaku_s_L.png 貝覆い
もくじ  3kaku_s_L.png ― 鳥籠 ―
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • [なかなか更新できずすみませんっ! ><]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

エッセイ・コラム

春の夜の夢の浮橋とだえして 峰に別るる横雲の空

 ←なかなか更新できずすみませんっ! >< 


人間の感情の動きとは様々な模様があり、それはときに人を苦しめ、ひとを追い込む。

切ない気分になり、ふと空を見上げてみても空は何も言わず何も語らず、ただ一面に煙っているかのような雲を広げている。

青い空すら見せてはくれない。
青い空を見たからと言って心が晴れるかと言われればそれさえも分からないけれど。



きっと誰もがそうだろうけれど、自分がキツイときには自分のことしか出来なくなる。考えられなくなる。
そうでなくてもほとんどの人は自分のことで常に精いっぱいで、構われることにも構うことにも不慣れになっていく。


他者との心の摩擦で生じる苦しみを考えれば孤独の方がマシなのではないかと考え、だが心の中の承認欲求も消えてはくれない。


多用化したライフスタイルが、人を追い詰め苦しめる。


何を選べばいいのか分からない。
でも選ばなければいつまでも苦む。


誰かの過去にはなりたくない。
だけど私も常に誰かを過去にしてきたのだろう。


生きていくために必要で必然な理はあり、それに合わせるかのように出来事は忘却の彼方に消えていく。
幸せに満足することは一瞬で、すぐに満足感は飢えか怠情に変わっていく。
常に人は新しい幸福感を求める。留まってはいられない。それは忘れてしまうからなのだ。
自分が何を持っているかさえ。

忘れてしまう。
忘れて行ってしまう。

苦しみさえ忘れてしまう。

感情も出来事も過去になってしまうのならば。
人の気持ちなど瞬く間になかったことにさえなってしまうのかもしれない。


正しいかどうかではないのだ。
どう感じどう動くのかなのだ。


何をしたって何を感じたってほんの一瞬しか記憶にすら留めておけないのであれば、何をしても良いのではないかとさえ感じる。


退屈なルールと窮屈で残酷な常識ばかりが大きな顔をして人々の間をすり抜ける。
何も知らない、知ろうともしない人間が、勝手に他者へレッテルを貼る。


くだらない、とそれらをはがしていく気にもならず、もう理解して欲しいとさえ思わない。


さよなら。愛した人もすれ違っただけの人も世の中のすべての人に。


何をしても忘れられていくだけの存在なのならば、最初から何もなかったほうがずっといい。

心は常に安寧を求めるけれど、だが平穏は決して訪れないだろうことは私の中のどこかが知っている。



春の夜に見た夢は、きっとそんなものだったのだ。

そしてもう季節は変わり、それさえも過去になろうとしている。


関連記事
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ・告知
もくじ  3kaku_s_L.png 花の最期
もくじ  3kaku_s_L.png 女神の争奪
もくじ  3kaku_s_L.png 魔王の棲む森
もくじ  3kaku_s_L.png カードの誘い
もくじ  3kaku_s_L.png 貝覆い
もくじ  3kaku_s_L.png ― 鳥籠 ―
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • [なかなか更新できずすみませんっ! ><]へ
 

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [なかなか更新できずすみませんっ! ><]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。